北陸新工場のご紹介

森高ローラ製作所 TOP  /  北陸新工場のご紹介

北陸支店に、多種多様なニーズにお応えする製造工場を新設しました。

北陸新工場

北陸支店にも生産拠点を持つことで、北陸の企業様に対しても納期・コストの面で今まで以上にメリットのあるご提案が可能になりました。多品種、小ロット、高精度の製品を提供し続けて90年、これからも測定環境の充実、最新式の機器、熟練の技術を通じて、お客様のあらゆるご要望に応えて参ります。

こちらでは、そんな北陸工場についてご紹介をさせていただきます。

北陸工場で実現可能な新技術のご紹介

本社工場では、ミクロンオーダーの高精度ローラ、特殊形状(溝)加工等で様々な業界の要望にお応えしてきましたが、北陸工場では、新たな設備による新技術と今まで以上の生産能力を備えることにより、鏡面加工や長さ3000ミリまでのローラも対応可能となりました。

鏡面加工

鏡面加工

近年、ロール表面の粗度についてより精度の高い仕上がりが求められています。
長年、乾式・半乾式による研磨、研削加工でお応えしてきましたが、今回新たに湿式の技術を採用することで、更なる領域の面粗度が提供可能となりました。

より長尺なローラの加工

より長尺なローラの加工

自重によるタワミが出やすいとされる細長いローラの加工には絶対的な自信を持つ当社ですが、今回新たな機械を導入したことで、3000ミリのローラまで対応が可能になりました。
更に、システム制御により、高精度での加工測定が自動で出来るようになりました。

微振動への対策

微振動への対策

生産機器の稼働によって発生する微振動は、高精度・高品位・微細な加工を行う過程において、場合によっては好ましいものではありませんでした。
今回、機器1台を独立させた床に設置することにより、微振動への対策を徹底しております。

測定環境の充実

測定環境の充実

365日24時間温度・湿度コントロールが出来る恒温恒湿環境を完備することにより、ご要望通りの環境下でより精度の高い測定を行うことが出来るようになりました。

北陸の企業様へ   北陸支店長よりご挨拶

北陸支店 取締役支店長 塩井清広

日頃よりご愛顧を賜り誠にありがとうございます。
北陸支店は、1950年に出張所として開設して以来65年に渡り、質の高い商品・サービスの提供につとめてまいりました。
2015年4月、支店内に工場を立ち上げ、これまで本社工場にもなかった新たな設備・検査体制を導入し、お客様のご要望に、より高い品質・高い精度でお応えすることが出来るようになりました。
これまでご支援いただきました皆様方、またこれからお世話になるお客様にますます愛される支店となりますよう、これからも精進してまいります。

北陸支店  取締役支店長  塩井清広

ページトップへもどる